料理

男性におススメ料理!手軽に作れる朝ごはんのまとめ

breakfast

みなさん。朝ごはんを作っていますか?
朝ごはんを食べないで出勤している人もいると思います。
朝ごはんは、午前中のエネルギー源になるので、絶対に食べたほうがいいです。

子供A
子供A
僕たちは毎朝、ご飯食べてるよ。
子供B
子供B
学校でお腹すいたら、困るもんね。

でも、朝ごはんを作るのって面倒だと思っていませんか?
そんなことはありません。ここでは簡単にお手軽に作れる朝食メニューを紹介します。

1.ご飯、パン編

・食パン(トースト)
そのまま食べるなら、コンビニで買ってきてお皿に置くだけ!
トースターで軽く焼いてバターをつければ、さらに美味しくなります。
いちごジャム&バターをつけると、童心に帰ったような味になります。

・ハムトースト
食パンを焼いてバターを塗り、ハムを載せるだけで朝食の満足度がぐっと上がります。
お好みで、ペッパーソースをかけてるとスパイシーに。

・チーズしらすトースト
食パンにとろけるチーズを載せて、トースターで焼きます。
チーズが溶けてきたら、しらすをチーズの上にまぶせます。
軽く焼いたら出来上がり。朝食としても、ワインのおつまみにも使える1品です。

・サンドイッチ
ゆで卵を作らなくても、ハムとレタスさえあれば、簡単にできます。
2枚のパンにパターを塗ります。1枚のパンの上にハムとレタスをのせます。
マヨネーズをかけて、もう1枚のパンを載せれば出来上がり。

・ふりかけご飯
ここからはご飯ものです。まずはお米を炊きましょう。
炊き立てのご飯にふりかけをかけるだけです。

・しらす干しご飯
こちらも簡単です。ご飯を炊いて、しらす干しを散らすだけです。

・卵がけご飯
お馴染みのお手軽ご飯です。炊き立てのご飯に卵を割り入れるだけ。
あとは醤油で味を調節して、温かいうちにいただきましょう。

・納豆ご飯
日本の伝統的な発酵食品の1つ、納豆をご飯にかけるだけです。
小ネギを散らしたり、かつお節をかけたり、卵を割り入れたりと、
いろいろなバリエーションが楽しめます。

子供A
子供A
納豆ご飯、シンプルだけど美味しいよね。

・おかか入り卵がけご飯
前述の卵がけご飯に、かつお節をまぶしたバージョンです。
朝食としても美味しいのですが、おすすめは飲んだ後のしめのご飯に最適ですよ。

・おくらどんぶり
我が家では夏限定のメニューです。なぜ夏限定かというと、オクラの収穫時期が夏だからです。作り方はオクラを茹でて、1~1.5cmの幅に切っておきます。
次にフライパンに油を熱し、溶き卵を入れて炒り卵を作ります。
ご飯に、炒り卵と茹でたオクラを載せます。
かつお節をかけて、醤油で味を調整して出来上がりです。
これ、かなり美味しくて子供も大好きなのでぜひ作ってみてください

スポンサーリンク
[ad01]

2.おかず編

・ミートボール
レトルトパックのミートボールを使えば、レンジで温めるだけで出来上がりです。
ミートボールはお弁当だけじゃなくて、朝食のおかずにも最適です。

・ハムとレタストマトのサラダ
ハムとレタスとトマトを食べやすい大きさに切ります。
レタスとトマトの上にハムを載せれば、簡単サラダの出来上がりです。
お好みのドレッシングをかけてどうぞ。

・焼きウィンナー
フライパンでウィンナーを焼くだけです。
皮付きウィンナーは茹でたほうが美味しので、皮無しウィンナーを使いましょう
フライパンに油は引かずに、弱火でじっくり焼きましょう。

・目玉焼き
朝食の定番ですね。フライパンに油を熱し、卵を割り入れます。
フライパンの蓋をして、弱火で白身が白くなるまで焼きます。

・ハムエッグ
前述の目玉焼きの下にハムを追加しただけのメニューです。
ハムを追加しただけですが、幸福度が倍増しますね。
ハムの代わりにベーコンを使えばベーコンエッグになります。

・ボイルウィンナー
お鍋でウィンナーを茹でるだけです。
焼きウィンナーに比べて、お鍋でお湯を沸かすという前工程が追加されます。
皮付きウィンナーを使えば、パリッと美味しく仕上がります。
ポイントは沸騰したお湯でウィンナーを茹でないことです。
70℃くらいの温度で茹でましょう

・卵焼き
我が家では、ウィンナーの細切りを入れた卵焼きが子供達に人気です。
ウィンナーを細切りにして、油をひかずにフライパンで軽く焼きます。
卵2個をボールに割り入れ、目を取ってから砂糖大さじ1を入れます。
焼いたウィンナーをボールに入れて、かき混ぜます。
フライパンに油を熱し、ボールの卵液をフライパンに入れます。
半熟状になったら、少しづつ裏返しながら片方に寄せて、形を整えます。

・焼き魚
ついに、魚焼きグリルを使ったメニューが登場です。
鮭やサバ等の切り身魚を焼く場合、グリルの網の上にアルミホイルを敷いて
そのアルミホイルで切り身魚を焼けば、グリルの網を汚さずに焼けます。
朝は忙しいので、この焼き方がおすすめです。

・鮭のホイル焼き
こちらもグリルの網を汚さずに作れるメニューです。
アルミホイルを大きく切って、玉ねぎの薄切り、鮭の切り身、シイタケの薄切りを載せます。めんつゆを少しふりかけて、アルミホイルで具材を包みます。
魚焼きグリルで魚に火が通るまで焼いて、出来上がりです。

・白身魚のムニエル
スーパーの鮮魚コーナーで売っている、白身魚を使いましょう。
白身魚に塩、こしょうで下味をつけてて、小麦粉を薄くまぶします。
フライパンにバターを溶かして、白身魚をこんがり焼いて出来上がりです。

スポンサーリンク
[ad02]

3.味噌汁、スープ編

・キャベツのコンソメスープ
キャベツは下ゆでの必要がないので便利な野菜です。
また、コンソメスープの素を使うのでお手軽に作れます。
キャベツを洗って食べやすい大きさに切ります。
お鍋に水とコンソメと切ったキャベツを入れます。
コンソメスープが沸騰してキャベツに火が通れば完成です。

・キャベツの鶏ガラスープ
こちらは前述した「キャベツのコンソメスープ」を鶏がらスープに変えたものです。
具材は同じキャベツですが、鶏ガラに変えたことで中華風のスープに変わります。

・ニラたまスープ
これも簡単に出来て、子供に大人気のスープです。
ニラを洗って3cm幅に切ります。
卵2個をボールに割り入れて目を取り、かき混ぜておきます。
お鍋に水とコンソメを入れて煮立たせ、切ったニラを入れます。
再び沸騰したら、ボールの卵液を静かに回し入れます。
すぐにかき混ぜすに、しばらく待ちます。卵が固まったら全体をかき混ぜて出来上がりです。

・豆腐とワカメの味噌汁
ついに日本の伝統的な料理、お味噌汁の登場です。
コンソメスープや鶏がらスープと違って、ダシを味噌を使うので難易度が上がります。
かつおダシ粉末や、煮干し粉末をお鍋の水に入れて火にかければ、簡単にダシだがとれます。お味噌も最近は溶けやすいタイプが売っていますので、これを使えばお手軽ですね。
ワカメを早めに入れてしまうと色がくすんでしまいますので、食べる直前に入れるようにしましょう。

・なめこと豆腐の味噌汁
なめこの味噌汁も美味しいですよね。なめこは火をいれないと食べられません。
軽く洗って、ダシと一緒に煮込みましょう。
小ネギを切って散らすと、見た目も美味しそうになりますよ。

・ほうれん草の味噌汁
ほうれん草は下ゆでしないと、えぐみが出ます。でも下ゆでって面倒ですよね?
そこで、サラダほうれん草を使えば、下ゆでなしで大丈夫です
お味噌を入れてから、洗ってちぎったサラダほうれん草を入れれば出来上がりです。

・しじみの味噌汁
しじみの砂出しさえしておけば簡単に作れます。
水道水を入れたボールにしじみを入れて、新聞紙などをかけて暗くしておけばOKです。
2~3時間おいて、しっかり砂出ししましょう。
砂出しが終わったら水で洗います。貝をこすり合わせるように洗います。
味噌汁ですが、しじみのうまみが出るので、かつお&煮干しダシはいらないです。
強火でしじみを煮て、貝が開いたら火を止めて味噌を解きます。
しじみのうまみを生かすために、お味噌は少なめにしましょう。

・小松菜と油揚げの味噌汁
小松菜は、下ゆでが必要です。下ゆでしないと、味噌汁が青臭くなっちゃいます。
油揚げも、油抜きが必要です。ザルに油揚げを入れて、沸騰したお湯をかけましょう。
ちょっと手間ですが、昔懐かしい、お祖母ちゃんの作ってくれた味噌汁のようになります。

・野菜たっぷりのカレー風味スープ
ニンジン、キャベツ、玉ねぎ等のお好みの野菜を使います。
野菜が多めなので切るのが大変ですが、コンソメスープでゆでてから、
カレー粉末を入れて風味付けするだけです。

・アサリの味噌汁
アサリの砂出しが最大のポイントになります。
1カップの水に対して小さじ1の塩を入れた塩水に、アサリを入れて砂出しします。
しじみのように、新聞紙をかけて暗くしておけば、顔(水管)を出して砂を吐き出します。
ポイントはバットのような平らな容器を使って、アサリが重ならないようにすることです。
ボールのような深い容器を使うとアサリが重なってしまうので、顔(水管)を出しずらくなります。2~3時間おいて、しっかり砂出ししましょう。
しじみと同様によく洗い、かつお&煮干しダシはいらないです。
強火でアサリを煮て、貝が開いたら火を止めて味噌を解きます。
貝が開いてから煮込みすぎると、アサリが固くなり、ぷっくりした触感がなくなってしまいます。

スポンサーリンク
[ad01]

4.まとめ

今回は簡単に作れる朝ごはんの作り方を紹介しました。
買ってきてお皿に盛りつけるだけのものから、ちょっと本格的なものまで書いてみました。

どれを作ってみても共通して言えるのは「絶対に家族に喜ばれる」ということです。
簡単に出来る「トースト」と「キャベツのコンソメスープ」を作ってみれば、奥さんも子供も、きっと喜ぶはずです。
そして元気よく1日が始まることでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい